お問い合わせ

在籍確認などで、アリバイ会社をお探しなら

日本在籍確認センター

受付時間 午前10時~午後20時 東京 03-5459-2520大阪 06-7175-8825

メニュー 電話番号:03-5459-2520 メールでのお問い合わせ ラインでのお問い合わせ

トップページ > コラム > 水商売の入居審査が厳しい理由

水商売の入居審査が厳しい理由

水商売の入居審査が厳しい理由

2014/11/27

マンションやアパート、賃貸物件の契約を結ぶ前に、必ず受けなければならない入居審査。しかし、「未成年だから」、「無職だから」、「会社がブラック企業だから」という様々な理由で、入居審査に落ちて辛い思いをしている方は少なくありません。そのような中で、未だ強く偏見が残っており、審査で断られてしまう職業に「水商売」があります。シングルマザーの方などは、子供の教育や生活費を稼ぐために水商売のダブルワークをされている方も多いです。

また、一人暮らしの方が「学費を稼ぐため」、「夢を叶えるため」と様々な理由で水商売を始めるケースもあります。
しかし、水商売をしているというだけで、人柄や背景なども考慮されずに入居審査を断られてしまうケースは圧倒的に多いのです。こちらでは、そんな「水商売の入居審査が厳しい理由」についてご説明します。

昼夜逆転の生活パターン

一般的には、日中に仕事をして夜は自宅で過ごすという生活パターンが多いです。しかし、水商売になると「昼は家で過ごして夜出勤」と生活のスタイルが逆転するために、周囲の隣人に迷惑をかける事があります。中には、深夜もしくは明け方に人を連れ込んで飲み明かした事が原因で、トラブルに発展してしまったケースも少なくありません。
また、不動産会社や大家さんにとっても住人同士のトラブルは避けたいものです。そのため、周囲に迷惑をかけてしまう可能性がある方の入居はお断りしたいのです。「未然にトラブルを防ぎたい」そのような思いから、入居審査を落とす場合もあります。

勤続年数

一般の会社員と比べて、水商売にお勤めの方は勤続年数が短く、お店を転々とする方が多いです。
中には、「時給が安い」、「スタッフ同士の派閥やいじめ」、「お客様とのトラブル」に遭い、お店を簡単に辞めて足取りがつかめなくなる事もあります。一度でもそういったケースが発生してしまうと、不動産会社側も警戒して審査を断る場合が多くなります。

当社のサービスは、そのような水商売や風俗関係にお勤めの方から数多く利用していただいております。専門知識の豊富なスタッフが書類を作成し、サポート致しておりますので初めての方にも安心してご利用いただけます。

また、当社では保証人が立てられない方のために、保証人・保証会社紹介事業も行っております。「入居審査で借りれるようにしたい」、「外国籍で日本人の保証人が頼めない」などの、あらゆる状況においても迅速に対応致しますので、お悩みがある方は是非ご相談ください。

ニュース一覧。コラム一覧。

お気軽にお問い合わせください。東京 03-5459-2520 大阪 06-7175-8825

メールでお問い合わせ

ラインでお問い合わせ

正社員募集

ページの先頭へ

日本在籍確認センター

[東京] TEL:03-5459-2520
    FAX:03-5459-2521
[大阪] TEL:06-7175-8825
URL:https://nihon-zaikaku.jp/

日本在籍確認センター